LIFE

高速道路で車が故障した時の対応まとめ【車外へ出ると違反?】

こんにちは。キテンです。

高速道路で車が故障してしまった時、止むを得ず車から外へでないといけない時、どういう対応をすべきかわかりますか!?

つい先日僕もガチで経験してわかりました。

夜の高速道路で車の底からガラガラと異音発生し、

なにかの部品が外れた瞬間車から大量の煙が…

ソッコーで車を路肩に止めて、ハザードを点灯させてとにかく車から爆速で離れ…

自分は大丈夫という思い込みは絶対あり得えません。

実際僕も大丈夫だと思ってましたが全くそんなことはありませんでした。

高速道路で車外へ出ると、後続車が容赦なくビュンビュン来るので本当にこわいです!!!!!

故障車両に実際に追突する事故もあります。

高速道路上で外に出るのは自分が思っているより数倍キケンが多いことをまず知っておいてください。

僕自身があまりにも無知で『こう言う時に多少なりの知識があれば!』と思ったので、以前この記事を見るとひとまず落ち着いて対応できるようになれる記事にします。

 高速道路で車が故障し車外へ出る時の対応

高速道路で車外へ出るのは違反です道路交通法第75条の11

第75条の11第1項(故障等の場合の措置)

自動車の運転者は、故障その他の理由により本線車道若しくはこれに接する加速車線、減速車線若しくは登坂車線(以下「本線車道等」という。)又はこれらに接する路肩若しくは路側帯において当該自動車を運転することができなくなつたときは、政令で定めるところにより、当該自動車が故障その他の理由により停止しているものであることを表示しなければならない。

車が故障して高速道路上に止むを得ず停車したのにも関わらず、さらに違反まで切られたらたまったもんじゃないですよね。

違反を回避する方法は、三角停止表示板を置くことです。

発煙筒だけではダメらしいです。

これ教習所で勉強したはずなんですけど意外とみんな知らないんですよね。

まずはとにかくなにより自分の身を安全を考えつつ、車を安全な場所に退避させてください。

身と車の安全が確認できれば、すぐに三角停止板を置いて発煙筒をたいて後続車に注意喚起してください。

三角停止表示板をお持ちでない方は、決して高いものではないので、車に1つ三角停止表示板を備えておくことをお勧めします。それだけで安心材料が1つ増えるので必須ですよ。

最悪命にかかわることなので、安全の確保はめっちゃ大事です。

詳しい説明は以下です。家族を守るためにもこちらを頭に入れておいた方がいいです。

 

身の安全が確保できたら、携帯電話か非常電話(1km間隔であり)で通報します。

通報後の流れ

出典 NEXCO中日本ドライバーズサイト

僕は加入している保険のロードサービスにレッカーの手配をすると、担当者に#9910に通報するように促され、#9910の係の人に110番に通報するよう促されました。

通報からレッカーが到着するまでの流れ

22時05分  車がいきなり煙をあげ路肩に停車 ロードサービスに通報

22時26分  #9910に電話 警察署に電話するように言われる

22時27分    110に電話

22時50分    パトカー到着 身分証提示

23時05分  自力で車を移動しなんとか一般道に出る

23時35分    レッカー到着 45分積み込み完了

0時30分  安全な場所まで行きタクシーに乗り帰宅

レッカーが来るまでにだいたい1時間半くらいかかりました。

僕は深夜で山中での故障劇だったので遅かったっぽいです。状況にもよりますがおそらくこれよりは早く到着されると思います。

まとめ

高速道路で車が故障し止むを得ず車外へでなければいけないときの対応

  1. 自分の身を安全を考えつつ、まずは車を安全な場所に退避させる
  2. 自身と車の安全を確認できれば、すぐに三角停止板を置いて発煙筒をたいて後続車に注意喚起をする
  3. 携帯電話か非常電話で通報

以上の流れになります。こう見ると簡単ですが実際起こってみると冷静に対応できなくなるのがこういったケースの怖いところでもあります。

僕は先日の高速道路での立ち往生の経験で、停車して追突されたり人が出て跳ねられたりする事故がある理由がよくわかりました。車は急には止まれないです。

車の故障に加え違反まで切られてさらに追突されたりしたらリアルに悲劇でしかないです。

高速道路で車が故障することはいつ誰だってあり得る話です。

三角停止表示板持ってない人はすぐ買って車に備えておいてください。

ドライブ時の安心材料が増えると落ち着いて対応できるし、いいことしかありません。

急な故障の原因は日々のメンテナンス不足である場合も多いです。お忙しいかもしれませんが日頃から愛車のメンテナンスは欠かさずにですね。高速道路上でのトラブルがないことことを祈ります。

では、今日はこのへんで。