WORK

飲食を辞めたい人に経験者が辞め方を教えます!【バイトも社員も】

飲食業を辞めたいあなた!こんな悩みを抱えてないですか?

  • 毎日ハードで肉体的、精神的にツラい
  • もうついていけない飲食向いてない
  • いつもピリピリ人間関係が良くない
  • 辞める理由をなんと言えばいいのかわからない
  • 飲食辞めたら他にどんな道があるの?
  • 辞める方法と転職する方法を知りたい

以上の悩みの解決に役立つ記事を用意しました。

こんにちは。DAIです。僕は飲食業を5年経験しました。小さな店ですが、料理長の経験もあります。ですが正直なところ、ほとんどの期間を辞めたいと思いながら働いていました。

上記の悩みは以前そんな僕が飲食業で働いていた時に持っていたものなので、今飲食の仕事がしんどくて悩んでいる人の気持ちがかなりわかります。

だからこそ、あなたにお伝えできることがあると思ったので、バイトや社員を飲食業を辞めたいと思っている方に向けて、親身になって記事を書けると思いました。

結論としては、辞めたいなら辞めるべきです。なぜなら僕自身が数年間を我慢して働き続けて少し後悔もあるからです。あなたにはそうなって欲しくありません!

飲食業を辞めたくなった理由、きっかけにアドバイス

あなたが飲食業を辞めたくなった理由は以下のような感じではないでしょうか?それに合わせて1個人の意見ですが、僕が飲食時代に悩み抜いた上でのアドバイスをします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

仕事がハードすぎてしんどい

キツさとやりがいを天秤にかけたときに、キツい方が断然優っているなら辞めた方がいい選択だと思います。

なぜなら、お客さんに良い料理やサービスを届けるにはどうしても手間暇をかけた方がいいので、必然的に働き手の負担は増えてしまいます。こればっかりは正直仕方がないですね。業界の体質のようなものなので、改善にはまだまだ時間がかかると思います。

一方で、飲食はキツいけどそのキツさにやりがいを見出す人もいます。こういう人は飲食向いてます。なので、キツさとやりがいを天秤にかけたときにキツい方がこれからも断然優っていきそうなら辞める方がいい選択でしょう。

人間関係が良くない

飲食業=『人』と言ってもいいくらい人が大事です。人間関係が悪い場所で働くのはしんどいので次を考えたほうがいいと思います。

飲食現場はメンタルがやられやすい環境にあるといっていいです。長時間労働による疲れや、忙しさからくるイラつきから余裕がなくなって、ささいなことで怒りのスイッチが入りやすくなったりで人間関係のいざこざが多く起こります。

それゆえにちょっとしたことがきっかけで、店内で対立が生まれやすく、うまく解消されないと人間関係はこじれてまくる傾向に。

同じような飲食現場でも、だからこそしっかりみんなが協力しあって人間関係が良いところもあります。人間関係が悪いということは、そこをしっかりとクリアできていない組織とも言えます。

そのような組織では人が離れてしまうのは当然で、メンタルにも良くないし、自身の成長も阻害されるので辞めて次へ行ったほうがいいでしょう。

向いていない

飲食業で必須スキルである段取り力、スピード、手先の器用さ、スタッフへの的確な指示、状況に合わせて柔軟に動くのが苦手。努力でカバーしてるけど限界。

厳しいですが、飲食にも向き不向きがあります。もし向いていないと感じていても、きっと他に何か向いてるジャンルがあると思うのでそちらの方にいくべきです。

ちなみに、僕は飲食で働いて5年間心底向いてないなと感じていました。今はIT職に転職しましたが、こちらは自分でも結構向いていると思っています。もちろんしんどい時もありますが、それすらもやりがいで楽しいからです。

このように、あなたにも向いている職業があると思うので今飲食で向いていなくて落ち込んでいたとしても、他の世界もあるので安心してください。

パワハラを受けている

暴力、暴言、ひどい態度、軽い扱いをされてつらい。もし、一瞬でも病んでるなと思ったら速攻で逃げてください。他の人よりあなたのメンタル最優先にしましょう。

パワハラは大問題です。あなたのことを尊重しない人を、尊重する必要はないですよ。

飲食業界への不安

この時期ですから業界への不安はあると思います。ですがそれが理由で辞めようとまで思うのなら、飲食のように揺れが激しい業界よりも安定したところにいった方が幸せになると思います。

オープンして10年間で生き残れるのは5%~10%といわれる飲食業の難しさ。さらにコロナの影響で飲食業の脆弱な部分が出てしまいました。

飲食人を支えるのは、逆境がきても立ち向かう内なる情熱だと感じます。これは性格なので、もし情熱を感じないなら他の選択肢もありだと思います。他に情熱を捧げられることが見つかるかもしれません。

どうすれば辞められるか?飲食業を辞める方法

辞めたいけど辞められない一歩が出ない

  • 今まで受けた恩を裏切るような気持ちになってしまう
  • 上司が怒りそう。こわいので言い出せない
  • 周りが止めてくるの言い出しにくくなった
  • 辞めた後どうしていいかわからない

1歩を踏み出すのはこわいと思いますが、そのままだとずっとこのままの状態なので勇気を持って1歩を踏み出だしましょう。案外自分の思い込みで、思ってるより楽に辞めれたりします。

僕自身も言えなかった期間が長いので、気持ちはすごくわかります。早く言えば良かったと思います。ずっとこのまま辞めたい状態で働くのはしんどくないですか?

我慢して心が病んでしまったりしてはマジで大変です。一回病んでしまったら取り戻すのに時間がかかってしまうので。

以前いた飲食店に、真面目でいつも笑顔な女の子がいました。女の子はある日突然なにも言わずに来なくなってしまいました。前日、いつも笑顔の彼女の笑顔が少なかったのを覚えています。

悩み続けるのは良くないので1歩踏み出しましょう。人生トータルで考えると今踏み出すのが一番楽です。

辞めることを言い出しにくい場合

辞めたいと言うと返される言葉の例がこちらです。

ここで逃げたらこれからも逃げ続ける人生になるよ?

確かに間違えてはいませんし、それでチャンスを掴めることもあります。ですが、そんなことを言う人の言葉は信じなくていいです。

逃げてもいい時代

なぜなら、逃げてもいい時代だからです。逃げることで自分の生きたい人生の核をつかんで幸せな人もたくさんいます。

もし、飲食の仕事をいままで適当にやってきて、なんとなく逃げ道を探してるようでしたら、ここで逃げたら逃げ続ける人生になる可能性はあると思います。逃げ続けた末路の責任は自分でとるしかありません。

言わない期間と後悔は比例する

言い出しにくい気持ちはよくわかります。実際僕も辞めたいと言い出すまで2ヶ月くらいかかってしまいました。なんでもっと早く辞めたいと言わなかったのだろうと少し後悔しています。

現実的に、低いモチベーションでそれ以上我慢して働いて得る物は少ないです。むしろ辞めたいと思いながらふわふわ続けるより、切り替えて次の仕事にガッツリ集中した方が長い目で見ると得るものは大きくなります。

先ほども書いた通り、辞めたいと言ったら店側はあなたを引き止めるかもしれません。そりゃそうですよ。雇い主からすればせっかく育ったスタッフが辞めるのは損失なわけです。かわいいスタッフなら特に。

採用するにも費用がかかるし、新たにスタッフを雇ってそれなりに仕事ができるように育つまでには結構時間がかかります。

ですがこちらに関しても全て問題ないです。

僕自身これまでに何人も辞めてきた人を見てきましたが、店主はすぐに求人サイトに募集をかけて、翌日にはケロっと何事も無かったかのように普通に店は動きます。飲食業はそうゆう業界です。

辞める理由は何と言ったらいいの?

ブレずに本当の理由を言い続けるのがベストです。そこまで強気にいけない場合は止むを得ずでおすすめはしませんが、自分の身体のことや、家族関係の理由を作ってもいいかと思います。

理由は『もうついていけない』でもいいと思います。最初は止められるかもしれませんが、2〜3回ぐらいで了承してくれるパターンが多いです。

僕がいた飲食店もかなりの人が去っていきましたが、辞めた人の理由の4割ほどが、家族の介護や病気でした(ガチです)。オーナーもそれ言われたらもう止めようないやんと言ってたので、リアルに使えるとは思います(推奨はしません)

辞めたいならブレないことですが、就業先の退職する場合1ヶ月前に言うなどの規則はしっかり守りましょう。

辞めることを言い出すタイミング

辞めることを聞いてもらう人に仕事や心の余裕がある時、落ち着いた環境で2人でいるときに言うのがベストです。

ゆっくり話ができるし、聞き手にも余裕があると通りやすいからです。

ですが、そんなタイミングがない場合も多いので、『お話があるんですけど』とアポをとって、しっかり話をする機会を作る方法がいいです。

辞めた後どうしよう?進路を考えよう

少し勇気は入りますが、辞めることが決まったら、ここで一気に環境を変えてしまいましょう。

ここまで飲食業の仕事をわりとディスってしまってるところがありますが、僕は飲食の仕事は好きでした。世に必須の仕事だと思いますし、飲食業に従事されている方をリスペクトしています。

ただ、労働環境が良くなれば続けられるのに。。という人もたくさんいると思うんですよね。

自分は何をしたいか考える

したいことをするのが1番幸せです

今は定時で上がれる仕事をしていますが幸せです。ゆっくり寝れますし、趣味の時間も取れるので仕事以外の充実感もあります。

そんな気持ちを味わって欲しいと思ってます。自分は何をしたいかじっくり考えましょう。学生の人でバイトを辞めるなら、学生生活を有意義に過ごすのはめっちゃありです。

とはいえ、特にしたいことがない人もいると思います。そんな人は飲食経験者が転職しやすい職業から探すのもいいですね。

飲食経験者が転職しやすい職業は?

飲食経験者が転職しやすい具体的な職種は下記になります。

  • 不動産などの営業
  • 内装業などの職人関係
  • 食品や厨房機器の販売
  • 製造・物流関係

それぞれ解説していきます。

不動産などの営業

僕自身営業経験がないので、飲食から営業職に転職した友人から聞いた話になります。営業の仕事もわりとノリが体育会系だそうです。体育会系のガッツがある人が好まれる傾向にあるので、実際転職してる人は多いそうです。

ホールの経験者は特に接客である程度人情の機微を学んで、いかにしてお店をよくしていこうか考えてきた経験がある人は営業向けだといえます。

持ち前のコミュニケーションスキルでお客様を良くする提案ができると鬼に金棒ですし、結果をだせば不動産はお給料もいいですしね。不動産やその他営業職もブラックが多いので見極めは必須ですが。。

食品や厨房機器の販売

飲食の仕事をしている人は食材や食品には興味があるのではないでしょうか? あなたの好きな食品や食材を扱っている会社はいいと思います。商品に思い入れがあると身が入りやすいし、得るものが大きいんですよ。

厨房機器への興味に関しては別れるかもしれませんが、興味なあるならありだと思います。

製造、物流関係

調理をやっている人は基本的にものづくりが好きな人が多いと思うので、製造業の仕事はマッチしていると思います。

なぜなら調理はお客さんに合わせて動く流れがありますが、製造業も機械の動きや納期合わせて動くので、流れに合わせるという面においてリンクしている部分があるからです。

実際に電池の製造工場にバイトに行ったこともありますが、飲食経験ありの人も結構いました。安全性のためそこまでペースも早くないので、飲食の早い流れについていけなかったり、しんどかったりする人はある程度のペースでコツコツ作業できるし向いてるかもです。

そのため、飲食で鍛えた段取り力とモノづくりが好きな気持ちがあればスムーズに馴染める業種だと思います。

【余談】全く違う業界に転職もあり

余談ですが、個人的なおすすめはIT系になります。

理由はまだまだ伸びる業界で体も楽だからです。コロナの影響はほぼ受けていません。もちろんブラックな会社もありますが、飲食に比べるとIT系は総じてホワイトだと言えます。

僕自身飲食業から、5か月間職業訓練校に通ってIT業界に転職しました。飲食とはまるで違う世界です。元々独立が目的で飲食業に入った人も、ITの世界は自分次第でフリーで活躍しやすい業界でもあるので、チャレンジしてみるのも良さげ。とはいえ飲食業界の人はデジタルが苦手で興味のない人も多いので、全員にとは言えません。

もし興味があるなら、授業料無料のWEB系職業訓練校もあるので一度受けに行ってみてもいいと思います。ハローワークに行くと紹介してくれると思います。

個人的なおすすめ度合いとしてはそこまで高くないですが、コストを抑えて学習できるのはやはり魅力的だと思います。

人生トータルで考えよう

さんざん飲食を辞めたいなら辞めた方がいいとお伝えしましたが、もし自分の店を本気で出したい夢があるなら、それを叶えて欲しいです。そこまで高い意欲があるなら、今起こっているのは成長するには欠かせない壁のはずです。

ただ、そこまでの意欲はなくシンプルにもうツラいだけの人は、人生を大枠で考えて、今どう行動するのがベストかを考えるといいと思います。

僕も本当に辞める時は先のことがあまりイメージできませんでしたが、とにかく探してみて(探すという行動から始めて)ほんとうによかったと思っています。

仕事は間違いなくあなたの人生を左右します。ベストな選択肢を選んでください!

今日はこのへんで。