WORK

部下や後輩があなたに付いていきたくなる方法【いいリーダーの特徴】

こんにちは。DAIです。

仕事場での「上司」と「部下」
部活での「先輩」と「後輩」

「上司や先輩」が、
「部下や後輩」のことで、

悩んでるケースは多々あります

  • スタッフがすぐに辞めてしまう
  • 部下が自分の話聞いてくれない
  • 後輩が付いてきてくれない

なんでだ?自分がつまらないから?ナメられてる?

もしや自分はリーダーとしての素質がないんじゃね?

 

などなど、自分が認められてないようで結構ツラいもんがありますよねー

ほっといても伸びないし、
厳しくしすぎても落ち込んでしまうし。。

 

ぶっちゃけ僕もそんな経験あるので痛いくらいわかります。

 

悩むというのはよくなりたい証拠。

自身のリーダーシップについて悩まれてるなら、あなたはいいリーダーになる素質があると僕は思いますよ。

 

さて今回は、

部下経験と上司経験を持つ中間層の僕が、

 

いい上司やいい先輩が持ってる特徴をピックアップすることで、現実を受け止めて改善し、少しでも部下といい関係をもって仕事ができるようなればと思って書きました。

サクッと読み進めていただければ幸いです。

いい上司や先輩が持ってる特徴

スタッフのことをめっちゃ考えている

いい上司は、めっちゃ部下のことを考えてます。

  • 個々の能力を伸ばすには?
  • 仲良くなってチームワークをのばすには?
  • やりがいを持って働いてもらうには? など。

 

ダメな上司は考えていない、もしくは考えていたとしても考えが浅く方向性が違ってたりします。部下は考えている上司も、考えていない上司も敏感に感じ取ってしまうものなんですよ。

スタッフをうまく「使える」

「使う」とは、

要領よくスタッフを使うというところもそうですが、

お金を使う、気を使うというところも含めてです。

スタッフを使うにあたって、厳しいところは厳しく、決してなあなあにはさせません。

部下としてもそんな一本筋の入っている上司のほうが付いていきやすいですよね。

また『使う』というのは『与える』と同義で考えてもいいです。

たまには食事に連れて行ったりして交流したり、気にかけて言葉かけをちゃんとするのは重要です。

「ビジョン」がある

「ビジョン」というのは、

具体的で理解できて(わかりやすく)
やりがいがありそうで(イメージできて)
この人ならできそう(期待できる)

ということです。

リーダーシップというのは究極をいえば

リーダーがビジョンを掲げて「この指とーまれ!」したときに、

どれだけの人が自分の意思で、その指に止まってくれるかどうかだと思います。

 

顔が広い

いい上司の多くは、同じ社長やオーナーなどとの交友関係を大事にしています。

一国一城の長みたいな人もいますが、

なぜかそんな人は共通してクセがすごいので人が付いてきていないパターンが多いです。

顔が広い人は、人として魅力があって多くの人から信頼されるのでしょう。

フォローができる

上司としても決して言いたくはない、部下の耳に痛いことも、あえて言わなくてはいけない時もあります。

やはり言われた側は、ショックを受けたり反発したりとなんらかのアクションをとるでしょう。

そんなとき、いい上司や先輩は後でちゃんとフォローできるんですね。

フォローすることで部下は「この人はちゃんと見てくれてるんだ」と信頼できて、お互いの距離が縮まります。

逆にフォローせずに放っておいて、部下や後輩の心が離れてしまい、辞めたりするケースを多々みてきました。

叱った後のフォローは鬼修羅のごとく大事です。

まとめ

いろいろ長々と語ってきましたが、
つまりは「信頼」が1番大事です。

結局はそこ!?ってなりますが、

そもそもまず信頼してもらえないと
自分の言葉も届かないし、
心から付いてきてはくれないでしょう。

信頼してもらうためにも、

  • 思いやりをもって考えてあげて
  • 時にはあえて厳しいことも言い
  • 叱った後のフォローはしっかりし
  • 強いビジョンを持って
  • 周りの交友も大事にする

ということで結論は、

あなた自身の器がデカくなればおのずと人は付いてくるということです。

めちゃくちゃ当たり前ですが

人は変えられないけど、自分はいつだって変えられます。

大きくなったあなたの背中に、憧れる部下もきっと現れることでしょう。

えらそうに言いましたが僕もまだまだできてないのでがんばります。

お互いがんばりましょうね!

では、今日はこのへんで!