転職

30代未経験でWEBデザイナーに転職する方法【諦めないでOK】

こんにちは。キテンです。

30代以上でWEBデザイナーやエンジニアなどIT業界を目指しているけど転職できるのかな?って思ってる方へ

30代だけどWEB業界に転職したい人って結構いると思います。

以前僕が通っていた職業訓練校も半数が昭和生まれでした。

30代以上のつらいところ。

それはネットの情報で転職するのは厳しいと洗脳されることです。

確かに半信半疑だったし不安にもなりますね。業界的に若者にむちゃくちゃ有利なのには間違いない。

やり方しだいでしっかり転職はできます。可能性はあります。

幸い僕は30代後半で、職業訓練校に通いWEBデザイナーに転職できました。

ぶっちゃけ職業訓練校に入るまでタイピングもろくにできませんでしたが、そんなスキルでもありがたいことに5社中4社から内定を頂けました。

皆さんにお伝えしたいのは、頭がいいわけでもない、ただの高卒のどちらかというとまあまあポンコツ方面のおっさんでも大丈夫だったよってこと。

スキルと若さで勝負できない30代後半の男性がどう就職活動したのか。

特にお伝えしたいのはマインド面。

企業が30代に見るのは経験やマインドだと思うから。

というわけで僕が転職活動をする時に実際に考えたことと、とった行動をお伝えしようと思います。

流し読みでもいいので、一部エッセンスだけでも知れば転職に有利に働くはずです。

 

就活する前段階ですること

  • 自分の強み弱みをはっきりさせる
  • 自分がどんな人なのか?
  • 自分にはどんな武器があるのか?

なぜかというと、IT系の面接を担当する方は目が肥えています。

ぶっちゃけ僕がこれまで経験した現場や飲食の面接ではわりと気合いをわかりやすく見せれば受かることが多かったように感じます。できます!やります!いけます!でいける。そういう面がありました。

それに比べてIT関連の面接官はめっちゃ冷静に見てる。そんなイメージ。

一筋縄ではいかないので、マインドを論理的に発信しないと、心に何も響かせられないし、何の判断基準もないと落とされてしまいます。

とにかくなんにも印象が与えられないのが1番マイナス。

引かれてもいいからとにかく印象に残すくらいの気持ちが大事です

そのために自分はこんな人間だというアピール材料を大量に用意ましょう。

まずは自分ができることをとにかく紙に書くのもあり。

わかりやすいのが特技

バスケがうまい

サッカーがうまい

格闘技やってました

ゲームうまい

自分にはなんにもないという人がいますが、なにかしらあるもんです。

自分では当たり前すぎて気付いていないことも多々あるので、他の人に聞いてみるのもいいですね。

今までしてきた経験から、自分がどう感じてその後どんな行動をとってきたかを思いだすのも大事。

例 〜で悔しい想いをした。だから〜という行動を起こした。

過去に途中で投げ出したり中途半端に終わってしまったことがある人もいるんじゃないでしょうか?

僕も同じです。そんな場合もポジティブに変換したらOK。

逃げたことが問題ではなくて、今の自分が過去の経験をどう変換して生かしているのか姿勢が鬼大事だし、面接する人は現場に出てから起こるトラブルにどう対処していくのかという未来値も見ていると思います。

例 前職が厳しくて逃げて辞めたとしても正直に言わなくてOK

例えば半年で辞めたとしたとしましょう。俗にいう履歴書のキズってやつですね。

たしかに面接で不利なので正直に記入するか迷うところです。

しっかりとした理由、ちゃんと核があれば大丈夫だと思います。ポジ変してOKだと思います。

職務経歴書を磨け

未経験者の場合、スキルに関しては最低限できているのは必須とはいえ、そこまで期待はしていないようです。

そのかわりにあなたが今まで何をしてきたかが重要になってきます

学歴も大事ですが、変えられない要素なので特に大事なのが自己PR

徹底的に自分を分析したら、わかりやすく職務経歴書に転記しましょう。

面接担当者が1次から社長の会社を選ぶ

今回の僕自身の就活経験から、社長が面接してくれる会社を選ぶのがベストだという結論に達しました。

なぜか?それはあなたがいままで何をしてきたかを1番見てくれるのが社長であることが多いからです。30代にとっては有利。

スキル面以外の部分を見てくれる可能性の多い社長ですが、やはり見る目は厳しいので生半可のアピールではダメです。

30代というバイアスがかかってる状態をぶち破る必要があります。

そのために先ほど言ったように自分を掘り下げてエッジを磨いておく必要があるんです。

社長が面接する可能性が高い会社は人事や担当者がいないような規模が小さい会社。

小さい会社はイヤだという人は、人事や部署の担当などの1次面接を通ると社長面接になるパターンが多いと思いますが、競合も多いので勝ちやすいフィールドで戦う方がベターかなと思います。

面接で何ができるか言いまくったら、どこかしらのポジションに入れてくれる可能性が高いのも社長だといえます。

要するに、こいつと働きたいとか人間的に好きだと思ってもらえると受かりやすいのが社長

逆に人事やWEB担当者だとスキルと若さを重視する傾向にありわりと不利だそうです。

面接担当が社長じゃないなら担当者が、どんな人物で何を好み、会社がどんな人物を求めているかを死ぬほどリサーチするしかないです。

会社で何ができるか何がしたいか勝手に考える

そのためには会社のことを徹底リサーチして、会社が欲しそうなことに対して過去の経験からなにができそうかを勝手に考えてアピールするのは有効でした。もちろん見当違いも出るかもしれません。でもそこを必死で考えるマインド、与える精神が鬼大事に感じます。

まとめ

  1. 自分の強みをはっきりさせる
  2. 過去の経験をポジ変する
  3. 社長が面接してくれそうな会社を選び応募
  4. 会社を徹底リサーチ
  5. リサーチ結果から自分が1の強みをつかって何ができるかアピール

僕が今の会社の社長からなぜ採用したのかを聞いたら、圧を感じたからだとと言われました。勝ちやすいフィールドで自分がもつベストな武器で戦った結果、今の社長の心に響かせれたんだと思います。

やる気

経験からくる柔軟性(こり固まってない)

与え上手

就活を終えて思うのは、30代はこの辺が大事だと思うんです。スキルアップももちろん大事ですが、こうしたアピールポイントを整理するために自分に向き合う時間をとるのがめちゃくちゃおすすめです。

割と我流かもしれませんが、経験からの知見を発信させていただきました。

なにかしらヒントを感じてあなたの就活が上手くいったらめっちゃ嬉しいで

今日はこのへんで!