職業訓練校

職業訓練校はなぜ運営できるの?就職先は?説明会の内容をシェアします

こんにちは。DAIです。

今回は、職業訓練校のWEBプログラミング科の説明会で受けた内容を一部シェアします。

 

  • 職業訓練校はなぜ運営できるの?
  • 職業訓練校は就職するための学校
  • Web系職業訓練校の主な就職先

 

について書いたので、職業訓練校(特にWEB系)に行くか悩んでる方はぜひ参考にどぞ。

職業訓練校はなぜ運営できるの?

f:id:ktmdsk:20190524130653p:image

みなさん気になる職業訓練校ってぶっちゃけ儲かってまんの?ってとこです。

 

職業訓練って訓練生は授業料無料だし、
(自腹は教材費等実費のみ)

スクール側はなぜ運営できるかギモンに思いませんか?

これは簡単であなたのご想像通り、
スクールは国民の税金で運営をまかなってます。

 

それがどの税金から出てるかというと雇用保険ってわけです。

 

雇用保険に加入した正社員など働いてる方が納めた雇用保険料がベースになって、学校の運営は成り立ってます。

職業訓練校は就職するための学校である

f:id:ktmdsk:20190524130804p:image

だから当然、
職業訓練校では就職を求められます。

何度も口酸っぱく言われます。(うるs..)

 

でもそれはその通りで、

 

受講生は学校から与えられた教えを使って就職して雇用保険料を納める側になってねってこと。

 

ここでいう就職とは、

週20時間以上の勤務で
雇用保険を加入している状態

 

です。

雇用保険加入条件などについてはこちらで詳しく説明されています。

https://mag.smarthr.jp/procedure/detail/koyohoken_kanyu_jouken/

学校側は正社員歴の少ない人を推してるので、
就職してない圏の人を就職させて、雇用保険料を払う人の総数を増やしたいっぽいです。

もしも受講生の就職率が低すぎるとこの循環が成り立たなくなるので、もしかするとこの制度もなくなってしまうこともあり得るそう。

 

なので職業訓練校は、

 

スキル習得しフリーランスになる

ではもちろんダメで(その意図がわかった瞬間選考で落とされるらしい)

 

あくまでも、
『学んだジャンルで就職するための学校』
です。

 

ここをまず勘違いしている人が結構いるそうでしっかりとクギをさしていました。

 

目標は就職ただ1つ。一点突破です。

 

WEB系職業訓練校の主な就職先

f:id:ktmdsk:20190524130921p:image

 

WEB系職業訓練校の主な就職先は、
大きく分けると専門職と一般職に分かれます。

 

専門職は、

  • WEBデザイナー
  • WEBクリエイター
  • プログラマー

 

専門職はやはりイメージ通り採用が経験者枠が多く、全くの素人は参入はなかなか難しいようです。

 

一般職は、

 

  • 一般企業のHPの更新担当
  • WEBショップ
  • ECサイト運営 など

 

ざっくり言うとHPを扱う全ての仕事と言えます。考え方によっては間口が広いですね。

 

一般職の経験も実務経験としてカウントされるそうなので、専門職へ行くためのステップとしてもいいかもです。(転職までに6カ月以上無職はダメ)

 

まとめ

 

プログラミングも今やオンラインスクールや独学などさまざまな学び方があります。

 

耳にタコができるくらいにお伝えした通り、

職業訓練校が目指すのは『訓練生の就職』です。

 

もしもあなたが『就職』に特化したいのなら、

職業訓練校はいい方法のひとつかもしれません。

 

とはいえまだ僕は学校に入ってすらいないのでw

また随時情報更新していきたいと思います。

では今日はこのへんで!