職業訓練校

WEB系職業訓練校の1カ月経過のリアル【本音で書きます】

こんにちは。

WEB系職業訓練校に行き、はや1カ月が経ちました。

すっかり訓練校にも慣れてきたわけですが、

いっちょここらへんで訓練校1カ月経過の総括といいますか、本音でリアルな内情をお話したいと思います。

  • 訓練生のみんなとは仲良くなれた!?
  • 授業はどんな感じ!?

たぶん気になるのはこのへんじゃないかと思います。

  • 職業訓練校に行くか悩まれている方
  • 職業訓練校の訓練生の現実を知りたい方

 

どうぞ。それに併せて最後に訓練校を乗りきる心構えやコツ的なこともお伝えします。

WEB系職業訓練校の人間関係はクラスにいる人の属性で変わる

クラスに集まる人の属性で人間関係は大きく変わります。

WEB系といってもいろんなクラスがあります

プログラミング科  

  • フロントエンド系クラス
  • バックエンド系クラス

WEBデザイナー科  

  • グラフィックメインのクラス
  • デザインからコーディングまでやるクラス

はっきりいうとデザイナー系クラスの方が平均年齢も若く明るい方が多くて楽しそうで、

プログラミング系の方が平均年齢高めで真面目で人見知りというか全体的に大人しめです。

うちのクラス(プログラミング系)は最初のころはずっと緊張感に包まれてて休憩時間もほぼ会話なし。から1カ月経ってようやく他の訓練生のいろんな面が見えてきて打ち解けてきた感じです。

ですが、他のデザイナー系のクラスは入校して2日目くらいでかなりわいわいして打ち解けていたのでこれはクラスに集まる人の属性の違いだと感じました。

そんなじわじわと人間関係を構築するタイプの我がクラスですが、確実に居心地は良くなりつつあります。

身近な例では、一見鉄仮面で冷たそうだった女性が、わからないところを聞くとめっちゃ親切かつ情熱的に教えてくれたり、

僕がとんちんかんなコード書いてると、それを見てめっちゃ爆笑したり(ディスってる感じではない)距離感はありつつも、この人はじつはこういう人だったんだっていうのがわかりつつあります。

おのおののグループで、ランチに行ったりする機会も増えました。

とはいえ孤立気味の人がいるのも事実です。

ここは学校ですが、みなさん社会人なのでここは社会です。

ひとつの会社内と考えたほうがわかりやすいかもしれません。

厳しい現実ですが、自分から開いていかないと相手にはされないです。そんな方はきっと独学がいいでしょう。

逆にいうとみなさん同じ境遇なので、自分から開くだけで仲良くなりやすいのも事実です。

今まで自分がいたエリア外の人が集まるのでいろいろな人がいます。面接試験で幾度となく聞かれたとおりいろんな人とそこそこ仲良くするスキルは必須でしょう。

うちの訓練校は厳しいと聞いていましたが、マジで厳しく生半可な気持ちで来てる方は授業についていけずに退校されていきました。

ガチでPC初心者はプライベートな時間も全部つっこむくらいでないと難しいくらいです。

とまあ少し厳しい面もお伝えしましたが、

必死こいて授業についていくだけでやればやるだけ日に日にレベルが上がっていくのは楽しいですし、自分の好きなことをしているので体調もいいですし特にストレスは感じません。

では授業はどんな感じ?

授業内容はざっくりこんな感じ

  • 授業の進むスピードがじわじわ爆速に
  • 2~4日ごとに科目が変わる
  • 定期的に小テストや課題がある
  • 先生の教え方のレベルに差がある
  • 1分間スピーチあり

授業の進むスピードがじわじわ爆速に

授業は序盤こそゆっくりとしたペースでしたが、1カ月超えた今では家で毎日がっつり復習等しないと追いつけないくらい進むのめっちゃ早いです。

メモをとるのもスピーディーにしつつ、話も聞いておかないとどんどん進むのでどこをやっているかわからない現象になります。

とはいえちゃんと聞けば教えてくれるので心配はいりませんが、なるべく付いていくようにしたいものです。

2~4日周期で科目が変わる

うちの学校は就職活動のイロハから始まり、軽くイラストレーターやフォトショップの授業に入って、今は大きくHTML CSSの授業とPHPの授業2~4日ごとに入れ替えで行われています。

例えばPHPを扱う前のMySQLデータベースの授業は、後半かなり複雑で難しくなってまあまあ頭使いすぎてキツくなってきました。そんなときにいいタイミングでHTML CSSになって気分転換になります。

いい周期で復習も兼ねて授業が進むので知識定着もできるし2~4日の周期は個人的にはかなりいいと思います。

定期的に小テストや課題がある

定期的に学習の進捗度を測るために小テストや課題があります。

  • サイトのラフ案をみて何もみずにコーディングテスト
  • MySQLを使ってデータベースからデータを抜くテスト(教科書みてOK)
  • 自分で店や教室等商売をしているとしてそのHPのトップページ製作
  • バナー、ハガキ、名刺の製作

授業で聞いてほうほうと思っても実際コーディングしたり、問題をやると理解できてなかったり間違えてたりするので、自分の現時点のスキルチェックにもなってどこをクリアすればいいか課題がみつかるのでいいと思います。

講師の教え方のレベルに差がある

WEB系職業訓練校の講師はフリーランスで兼務されている方が多いです。

正直いうと我流がいきすぎて教え方があまりうまくない講師もいます。

教え方がうまい講師との違いは明確で、うまい講師の場合は訓練生の理解レベルがだいたい足並み揃っていてみんなが最低限そこそここなせる感じです。

教え方がうまい講師

  • 教科書の補足のプリントを自作で作っている
  • 丁寧で論理的で初心者に対応した教え方ができる

わかりにくい講師

  • 教科書の補足のプリントない
  • 出された問題に手を出してるときに説明する(切り替え難しい)

教え方がわかりにくい講師の科目は訓練生の理解のレベルに差がついています。

言わないだけでわからない人は半数くらいはいるもよう。

うまい講師に当たるかは訓練校の説明会で教室を見学してもわからないと思うのでこればかりは運かもです。

1分間スピーチあり

1日に一名が日直が割り当てられ、日直は前に立って全員の前で1分間スピーチをしなければいけません。

正直めっちゃ緊張します。

話す内容は

  • なぜIT業界を志望したか?
  • 今までの職務で学んだこと
  • 勉強に役立ちそうなツールの紹介など

など学習や就活で役立ちそうなことです。

こういうのは場数が大事なので緊張がいい経験になることは確かです。

まとめ

1か月も経つと課題や復習などで家に帰っても毎日やることがありますが、日々の成長を感じられるのでそうゆうのを楽しめる方はいいと思います。

講師の教え方に多少疑問視はでていますが、文句を言ってても時間のムダなので、その方に合わせた授業の受け方を編み出すといいです。

それがITでよくいうところの変化に対応するってところなのかもしれません。

1か月が経ち思うのは職業訓練校は自分が本当にやりたいことで、学校選びさえ間違わなければ成功といえます。

WEB系でもいろんな学校があるので説明会に行ってみるのがいいかと思います。

https://ktmlog.com/2019-05-24-131437

参考になれば幸いです。

では今日はこのへんで。